2007年08月20日

真夏の九州ツアー5

Image3521.jpgImage3171.jpgImage3191.jpgImage3211.jpgImage3971.jpgImage3561.jpgImage3281.jpgImage3231.jpgImage3611.jpgImage3571.jpgImage3601.jpgImage3651.jpg8/11(土)
ソネスでミツノンとお昼をいただく。昨夜はお疲れ様でした。
電車で一路唐津へ。
この日は唐津の「土曜夜市」のステージに参加。お祭りである。宮田兄妹、若旦那らと再会。
この日のラインアップ。見よ!このバラエティーを。

18:30「空手演舞」
19:00「ラップ嬢MIA」(ラッパー)
19:30「ボガルサ」
20:00「希望 彰(のぞみ あきら)」(演歌歌手)
21:00「よさこいソーラン」


空手の後は地元唐津出身(都内で活躍中)のラッパー「MIA」がセクシーダンサーとステージを舞う。印象的だったフレーズを挙げる。
♪玄海灘を揺り篭に〜
♪なめんな九州女〜

その次にボガルサ。
「バナナ」の最中にテッシン側のマイクが壊れる。慌ててダイ氏のマイクに駆け寄るが、身長の関係で爪先立ちで唄わねばならないハメに。
お盆は危険だ。ナンマンダブ、ナンマンダブ。
MCの方がアナウンス。「え〜、本部前にて唐津出身アーティストのCDを販売しております。」
唐津市名誉市民ボガルサ。

続いては演歌。カラオケの先生もなさっている「希望 彰」さんと、その生徒さんのステージ。
この地のエルダー層の村田英雄先生へのリスペクトはものすごい。「無法松の一生」「王将」等名曲メドレーで盛り上がる。
続いてオリジナル曲「えびすサンバ」。かなりダンサブルなトラックだ。
「ファイヤー!(ファイヤー!)ファイヤー!(ファイヤー!)」
「家内!(安全!)家内!(安全!)」
ランDMCばりの掛け合いである。(例♪イッツ・トリッキー)
サビにさしかかる。
「♪えびす、えびす、えびすサンバ〜」
ん?一瞬マルハチや高須といった言葉が、、、いやいや気のせいだ。


そして、よさこいソーラン(3チーム)である。元祖とか北海道とか高知とか、そんな野暮な事は言いっこなしだ。むしろ禁句。これがグローバリゼーションか。
しかし最近の小中学生のダンス力は素晴らしいですな。あんなに足が上がる同級生はロー三(ローマ第三小)にはいなかった。

最後には本来「唐津くんち」の時しか出ない赤獅子が特別にお目見え。
こうして唐津の夏は終わるのでした(ウソ)


「十字や」さんで打ち上げ。
途中で「ヌフ」さんの旦那さんも駆け付ける。この方はいつどこで会ってもコック服だ。絵本から抜け出してきた様な人。
お店のご厚意で、もう一席うならせていただく。ありがとうございます。お騒がせしました。

宮田の松露饅頭に河岸を移す。妹さん不在のまま御禁制の梅酒の封を開ける。すいません!いただきます。おお甘露、甘露。
若旦那とテッシンはいつしかキャンバスに。若旦那の左腕には「サイコガン」テッシンの額には「内」という文字が油性マジックで記された。

宮田邸に泊めていただく。着替えを若旦那邸に置いてきたため、ワイシャツ一枚で寝る。
鏡を見る。わしゃ、行きずりの女か。
posted by bogalusa at 23:48| Comment(6) | TrackBack(2) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。