2007年08月20日

真夏の九州ツアー5

Image3521.jpgImage3171.jpgImage3191.jpgImage3211.jpgImage3971.jpgImage3561.jpgImage3281.jpgImage3231.jpgImage3611.jpgImage3571.jpgImage3601.jpgImage3651.jpg8/11(土)
ソネスでミツノンとお昼をいただく。昨夜はお疲れ様でした。
電車で一路唐津へ。
この日は唐津の「土曜夜市」のステージに参加。お祭りである。宮田兄妹、若旦那らと再会。
この日のラインアップ。見よ!このバラエティーを。

18:30「空手演舞」
19:00「ラップ嬢MIA」(ラッパー)
19:30「ボガルサ」
20:00「希望 彰(のぞみ あきら)」(演歌歌手)
21:00「よさこいソーラン」


空手の後は地元唐津出身(都内で活躍中)のラッパー「MIA」がセクシーダンサーとステージを舞う。印象的だったフレーズを挙げる。
♪玄海灘を揺り篭に〜
♪なめんな九州女〜

その次にボガルサ。
「バナナ」の最中にテッシン側のマイクが壊れる。慌ててダイ氏のマイクに駆け寄るが、身長の関係で爪先立ちで唄わねばならないハメに。
お盆は危険だ。ナンマンダブ、ナンマンダブ。
MCの方がアナウンス。「え〜、本部前にて唐津出身アーティストのCDを販売しております。」
唐津市名誉市民ボガルサ。

続いては演歌。カラオケの先生もなさっている「希望 彰」さんと、その生徒さんのステージ。
この地のエルダー層の村田英雄先生へのリスペクトはものすごい。「無法松の一生」「王将」等名曲メドレーで盛り上がる。
続いてオリジナル曲「えびすサンバ」。かなりダンサブルなトラックだ。
「ファイヤー!(ファイヤー!)ファイヤー!(ファイヤー!)」
「家内!(安全!)家内!(安全!)」
ランDMCばりの掛け合いである。(例♪イッツ・トリッキー)
サビにさしかかる。
「♪えびす、えびす、えびすサンバ〜」
ん?一瞬マルハチや高須といった言葉が、、、いやいや気のせいだ。


そして、よさこいソーラン(3チーム)である。元祖とか北海道とか高知とか、そんな野暮な事は言いっこなしだ。むしろ禁句。これがグローバリゼーションか。
しかし最近の小中学生のダンス力は素晴らしいですな。あんなに足が上がる同級生はロー三(ローマ第三小)にはいなかった。

最後には本来「唐津くんち」の時しか出ない赤獅子が特別にお目見え。
こうして唐津の夏は終わるのでした(ウソ)


「十字や」さんで打ち上げ。
途中で「ヌフ」さんの旦那さんも駆け付ける。この方はいつどこで会ってもコック服だ。絵本から抜け出してきた様な人。
お店のご厚意で、もう一席うならせていただく。ありがとうございます。お騒がせしました。

宮田の松露饅頭に河岸を移す。妹さん不在のまま御禁制の梅酒の封を開ける。すいません!いただきます。おお甘露、甘露。
若旦那とテッシンはいつしかキャンバスに。若旦那の左腕には「サイコガン」テッシンの額には「内」という文字が油性マジックで記された。

宮田邸に泊めていただく。着替えを若旦那邸に置いてきたため、ワイシャツ一枚で寝る。
鏡を見る。わしゃ、行きずりの女か。
posted by bogalusa at 23:48| Comment(6) | TrackBack(2) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやあ前回に続きグダグダの飲み、よく付き合ってくれるなあと思いつつまったく反省はしとらんばい。

名誉市民、懲りずにまたおいで〜、待っとうぜ!
Posted by 宮田兄 (shouroman) at 2007年08月21日 13:28
寝てた人?ハーイ(^-^)/
唐津土曜夜市がスゴク楽しげなイベントみたいに感じられるのはテッシンマジック!?
いや楽しいケド(^-^;)
Posted by みやっさん at 2007年08月21日 21:30
いきなり、初のコメントですが・・・。

ワイシャツ一枚で寝る。
鏡を見る。わしゃ、行きずりの女か。

想像して・・笑ってしまいました。ププププ・・
Posted by きょろ at 2007年08月21日 21:36
貴方はきっとアタシのことなど覚えてなんかいないと思うけど…
アタシは意外にも貴方の歌声をしっかり覚えているんだな。

独りで逝かなければならないほど寂しかったの?
お空にはもう辿り着いた?
台風に飛ばされちゃダメだよ。。。
Posted by ふぇい at 2007年09月05日 12:28
いろんな考え方があると思うから、
君の判断をどうこういうつもりはないが、
ただ、とても悲しい。
Posted by ・・・ at 2007年09月05日 16:19
てっしんに知らせることがあったのにな。
Posted by at 2007年09月05日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

青春歌年鑑 演歌歌謡編「1960年代ベスト」
Excerpt: 銀幕の大スター達が、奏でる昭和歌謡ー時代の流れが、ゆっくりとしていてあじがある。これは、演歌ではない時代の名盤だ…母がどうしても西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」のCDが欲しいという理由でこのCD..
Weblog:
Tracked: 2007-10-22 08:16

川の流れのように/愛燦燦
Excerpt: こんなものではない! ひばりさんが、病に冒された後に歌われた「川の流れのように」は、聴いていて、涙が出てくるような感動がありました。波のように、聴くものの心に押し寄せてくる情感。天才ひばりさんが、生と..
Weblog:
Tracked: 2008-01-21 20:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。