2007年08月20日

真夏の九州ツアー5

Image3521.jpgImage3171.jpgImage3191.jpgImage3211.jpgImage3971.jpgImage3561.jpgImage3281.jpgImage3231.jpgImage3611.jpgImage3571.jpgImage3601.jpgImage3651.jpg8/11(土)
ソネスでミツノンとお昼をいただく。昨夜はお疲れ様でした。
電車で一路唐津へ。
この日は唐津の「土曜夜市」のステージに参加。お祭りである。宮田兄妹、若旦那らと再会。
この日のラインアップ。見よ!このバラエティーを。

18:30「空手演舞」
19:00「ラップ嬢MIA」(ラッパー)
19:30「ボガルサ」
20:00「希望 彰(のぞみ あきら)」(演歌歌手)
21:00「よさこいソーラン」


空手の後は地元唐津出身(都内で活躍中)のラッパー「MIA」がセクシーダンサーとステージを舞う。印象的だったフレーズを挙げる。
♪玄海灘を揺り篭に〜
♪なめんな九州女〜

その次にボガルサ。
「バナナ」の最中にテッシン側のマイクが壊れる。慌ててダイ氏のマイクに駆け寄るが、身長の関係で爪先立ちで唄わねばならないハメに。
お盆は危険だ。ナンマンダブ、ナンマンダブ。
MCの方がアナウンス。「え〜、本部前にて唐津出身アーティストのCDを販売しております。」
唐津市名誉市民ボガルサ。

続いては演歌。カラオケの先生もなさっている「希望 彰」さんと、その生徒さんのステージ。
この地のエルダー層の村田英雄先生へのリスペクトはものすごい。「無法松の一生」「王将」等名曲メドレーで盛り上がる。
続いてオリジナル曲「えびすサンバ」。かなりダンサブルなトラックだ。
「ファイヤー!(ファイヤー!)ファイヤー!(ファイヤー!)」
「家内!(安全!)家内!(安全!)」
ランDMCばりの掛け合いである。(例♪イッツ・トリッキー)
サビにさしかかる。
「♪えびす、えびす、えびすサンバ〜」
ん?一瞬マルハチや高須といった言葉が、、、いやいや気のせいだ。


そして、よさこいソーラン(3チーム)である。元祖とか北海道とか高知とか、そんな野暮な事は言いっこなしだ。むしろ禁句。これがグローバリゼーションか。
しかし最近の小中学生のダンス力は素晴らしいですな。あんなに足が上がる同級生はロー三(ローマ第三小)にはいなかった。

最後には本来「唐津くんち」の時しか出ない赤獅子が特別にお目見え。
こうして唐津の夏は終わるのでした(ウソ)


「十字や」さんで打ち上げ。
途中で「ヌフ」さんの旦那さんも駆け付ける。この方はいつどこで会ってもコック服だ。絵本から抜け出してきた様な人。
お店のご厚意で、もう一席うならせていただく。ありがとうございます。お騒がせしました。

宮田の松露饅頭に河岸を移す。妹さん不在のまま御禁制の梅酒の封を開ける。すいません!いただきます。おお甘露、甘露。
若旦那とテッシンはいつしかキャンバスに。若旦那の左腕には「サイコガン」テッシンの額には「内」という文字が油性マジックで記された。

宮田邸に泊めていただく。着替えを若旦那邸に置いてきたため、ワイシャツ一枚で寝る。
鏡を見る。わしゃ、行きずりの女か。
posted by bogalusa at 23:48| Comment(6) | TrackBack(2) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

真夏の九州ツアー4

Image3421.jpgImage3401.jpgImage3411.jpgImage3361.jpgImage3441.jpgImage3911.jpgImage3921.jpgImage3491.jpgSBSH01111.JPG8/10は金曜日でしたね。もとい。
その夜。
中洲の新スポット「GATE’S7」にて行われる、ちょい濡れボーイズの企画イベント「スピリッツ・オブ・リズム」に参加。こちらはブルーノートみたいな落ち着いたお店。ブルーノート行ったことないけど。
開場時間になっても、お客さんが来ないのでハラハラしたが、ライブ開始直前にはちゃんと席が埋まっていた。これが博多時間か!
ホームでのちょい濡れの演奏は終始リラックスムード。途中ギターの佐々木さんがチューニングをしている間に何気なくミツノンが歌い出した「ルージュの伝言」でなぜか客席が盛り上がってしまい終われなくなってしまった。しかもチューニングを終えた佐々木さんがそれに乗っかって弾きまくるという事態に。楽屋で爆笑。
“ジョニーさん”ことアッコリー氏のズボンに付いた汚れが疑惑を呼ぶ。しかしケネディ、モンローの死とおなじく今となっては永遠の謎。
楽屋で大阪から参加されていた「スウィート・ホリワイアンズ」のマツイさんと小さいカラダでデカいギターを弾く事について語り合う。やっぱりね、そうですか。同じ身長ですもんね。
時間の都合でホリワイアンズさんの演奏はリハーサルしか見られなかったが、流石にスウィート!またお会いしましょう。
中洲バビロンを後にして、次に向かうは「キングコング」林さんと再会。
佐世保バーガー、唐津バーガーと、九州には独特のバーガー文化があるが、ここにもありました!デカイ!さすがキングコング!一瞬どうやって食べるのか考えてしまう。
食った。ウマカッタ。一つでお腹いっぱい。
そんな所にやたらハイテンションなタケダ2000GT登場!お久しぶりです!タケダ先生の最近のレパートリーにGLAYやL'Arc-en-Cielのテイストをふんだんに詰め込んだ曲があるらしい。今1番聞きたい曲の一つ。
アメリカンな店内で演奏。お騒がせしました。薬院へ移動。
ソネス前でなぜかシンゴ(swing-O)氏と遭遇。なぜか手にはピアニカが。日本も狭くなったものだ。
ソネスで一息ついて、ノイズに移動。トシさんお世話になります。
渋谷タワレコぶりの三人での演奏。朝まで呑んでしまう。モヒート(ミント入りの爽やかカクテル)うまかったです。

ノイズの張り紙。
*「モヒート断然おいしくなりました!」

テッシン「あれ?モヒートって去年もやってましたっけ?」

トシさん「いや、最近始めた。」
posted by bogalusa at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

真夏の九州ツアー3

Image3111.jpgImage3131.jpgImage3241.jpgImage3151.jpgImage3171.jpgImage3261.jpgImage3271.jpgImage3291.jpgImage3311.jpgImage3321.jpgImage3331.jpg8/10(水)
この日は篠栗(ささぐり)にお昼を食べに行く。
ソネス号を強奪。「陶花」へ向かう。全てはカレーの為に。
「えっ?」緑の中に突然現れるモダン建築。
ケンゴ君お久しぶりです。ここ二日のトンコツラーメン三昧の腹にとても優しい料理の数々。ごちそうさまでした!
近くの「南蔵院」に参拝に行く。ここは厳かにお参りするというより、仏さんのテーマパークという感じ。とにかく派手。お子さんも楽しめます。おみくじのついでに縁日みたいなゲームが出来ます。
トドメは巨大な「涅槃像」。ブロンズ製では世界最大らしい。どっちを向いても金の匂いがする。聞けば住職さんが宝くじで二回ほど大当りをひいているらしい。そういう意味では御利益がありそうだ。あやかりたい、あやかりたい。
夜は俗世の欲のテーマパーク中洲でライブ。
posted by bogalusa at 23:31| Comment(0) | TrackBack(1) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

真夏の九州ツアー2

Image2941.jpgImage2961.jpgImage2981.jpgImage3031.jpgImage3041.jpgImage3051.jpgImage3071.jpgImage3081.jpgImage3101.jpg8/9(木)
お昼にクロキちゃんと連れだってカフェ「コフォン」に行く。
元ソネスのスタッフのイズミちゃんのお店で昨日オープンしたばかり。
古本(コホン)とCoffeeをかけてコフォン。もちろん古本もあります。
カレーとパンケーキをいただく。旨いです。さすがです。
また来るけん。
「hana」でライブをやる前に川端商店街を散策。こういうアーケード街は無条件で好きだ。二人で涼しげな帽子を購入。
夕飯は「しばらく」のラーメン。もちろんトンコツ。同じトンコツでも店によって全くカラーが違うのですね。
「hana」は冷泉荘というアパートの中にある韓国料理店。おじゃまします(by南洲太郎)。以前、今野英明君と共演した穂音さんもこちらのアパートでした。こんな楽しいアパートで暮らしたい。
「hana」の次は「7(nana)」イヤングなお客さんの前でやらせていただく。おっちゃんらの話しをちゃんと聞いてくれてありがとう!
続いてBAR「velly」へ。ギンペイさんと再会!ついつい飲み過ぎてしまう。
ソネスでオオクボさんと合流して打ち上げ。いつも来福の際はソネスに最初に寄る習慣がある為ここに来ないと福岡に着いた気がせんとです。引き続き痛飲。一人また一人と倒れる。
その晩のダイ氏は敬語で寝言を言っていた。
posted by bogalusa at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

日記補足

長浜の屋台の名前は「ナンバーワン」です。
posted by bogalusa at 23:53| Comment(1) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真夏の九州ツアー1

SBSH00951.JPGSBSH00971.JPGSBSH00991.JPGSBSH01011.JPGSBSH01041.JPGSBSH01051.JPGSBSH01081.JPGSBSH01101.JPGImage3011.jpgImage3021.jpgImage2911.jpgまたまた九州に参ります。

8/8(水)
朝の四時半に出発。今回は事前にウッドベースのハードケースを購入。これで飛行機も安心だ。
だがデカい!2m30はあるだろうか?長身のダイ氏がすっかり隠れてしまう。エライ事になったぞ、これは。
9時過ぎには市街に到着。何もする事がない。とりあえずクロキちゃん宅を襲撃する。
とはいっても暇なのでとりあえず髪をカットする事に。最初喜々としてオイラの髪を刈っていたダイ氏が突然「飽きた」と言い出す。それは困るので美容師のミゾ君に連絡する。
しかしミゾ君到着を待たずしてテッシン2ブロックカット完成。なぜかダイ氏がミゾ君にカットをしてもらいカッコよく仕上がる。なんじゃそりぁあ。
トンコツラーメンの名店「赤のれん」に行く。独特のドロッとしたスープがイケる。
まだまだ時間はあるので百道(ももち)の海水浴場で泳ぐ。クロキちゃんと三人でドザエモンの様にプカプカ。
砂混じりのコミュニケーションを横目に見つつ、海からあがり近くの大浴場へ。ゲルマ岩盤浴も試す。これは良い。
テンションは普通の休日である。いかん!ライブやりに来てたんだった!
ボガルサお肌ツルツルバージョンはモツ煮込みやさん「煮込み二号店」へ。
これはうまい!よくみると真夏なのにどのテーブルにも鍋をつついている。これも旨さのなせるワザか!
食べ終わったところで座敷席はステージにヘンシーン。
お騒がせしました!
ユキチさんありがとうございました!
二軒目は「ダーラヘストカフェ」こちらの女性スタッフは暇な時間には糸電話で気を紛らす。
いつもありがとうございます。オオクボさんとも再会。明日はよろしくお願いします。
打ち上げは長浜の屋台「なんばー」で本場の長浜ラーメンを。
バリうまかですね。
posted by bogalusa at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

8/4江の島でへべれけ

SBSH00811.JPGSBSH00831.JPGSBSH00851.JPGSBSH00861.JPGSBSH00891.JPGSBSH00901.JPGSBSH00911.JPGSBSH00821.JPGSBSH00931.JPG8/4(土)
やってきました恒例の夏イベント「晴天のへべれけ」!照りつける太陽のもと阿呆どもの宴が今年も海の家EAUカフェにて繰り広げられる!
例年よりも若干早めにスタート。
ライブの切り込み隊長は初出演のガールズSKAバンド「アダムズ・アップル」!フレッシュでしたよ。来年は水着で出演してください。
そしてビーチといえばハワイアン!「タマシロマーケット」今年もふくよかでアダルトな魅力で迫ります。相変わらず音が分厚い!
続いて広島が産んだへべれけ貴族、バンブーが歌う「サンフェルナンド・メント・パトロール」なんだか貫禄ついてきてます。
お客さんもかなり増えてきた所で「ジョイライド」がワッショイワッショイ盛り上げる!乾杯隊長カワ氏は今日も絶好調!肝っ玉母さんナカムラサトコをボーカルに迎えへべれけ歴代ライブの中でも屈指の盛り上がりを見せる。「♪た〜じまは〜る」
その火の玉ライブの焼け跡で歌う夏服のボガルサ。さっきまで踊り狂っていたギャル八割はさっさと体を冷ましに海に帰っていったので平常心でやれましたよ。危ない危ない。
そして夕暮れの海をバックに「ルーザーズ」登場。「アイ・クローズ・マイ・アイズ」はこのイベントのテーマソングになりつつある。男前。
バンドの皆様、ミズノさんコクブさんボブ氏等DJの皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。楽しすぎて、一回も海に入らずじまいでした。
また来年!
posted by bogalusa at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

8/2ペンギンハウス

SBSH00651.JPGSBSH00631.JPGSBSH00691.JPG8/2(木)高円寺ペンギンハウス

8/2はハニーの日。今日はハチミツ大好き、くまのプーさんみたいなドラマー「モミー」氏のバンド「ブギー・チャフ」と共演。
モミー氏のドラム、モリヤンのベース、大王ルイのギター。みんな限りなくファンキーで カッコイイ!
曲目もふるっていて、ルイ氏の異文化に対する畏敬の念を歌う「インドの九々すごい」。ハワイアン力士のパイオニア高見山の功績を讃える「ジェシーファンク」。肉へのストレートな愛を歌った「ビーフ肉ポーク」などなど。メッセージソングのオンパレード。
モミー氏の超絶スキャット、ルイちゃんの衣装(長ランみたいな奴。季節感無視。)、謎のキーワード「ぉてぃてぃ」等、見所満載のファンキーエンターテイメント。やりづらい事限りない。最後は全員「おはし」で楽器を演奏していた。素晴らしい!
終演後、その場で打ち上げ。最初に演奏された「ららばいてりー」さんは時間に間に合わず未見。すいません。乾杯だけで失礼します。
イラストレーターのアイちゃんがモミー氏の似顔絵をその場で書き上げる。似てる!皆さんこれがジェシーモミーです。
ブギーチャフと再共演を誓い合う。ワーオ。
posted by bogalusa at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

仙台ツアー7/29

SBSH00511.JPGSBSH00531.JPGSBSH00541.JPGSBSH00561.JPGSBSH00581.JPGSBSH00591.JPGSBSH00611.JPGSBSH00621.JPG7/29(土)
アシオさん宅で起床。ホテル並のブレックファーストでもてなしていただく。ありがとうございます。寝ていた時隣の部屋の奥様の寝言を勝手に勘違いしてドキドキしてたなんて口が裂けても言えません。
勉ちゃんの旧友のセキさんの所に向かう。
セキさんはピアノのリペアをなさっている。今日は大人の社会見学。
田園地帯の真ん中の小さな作業所で職人の仕事ぶりを拝見。どうもお邪魔しました。
夜はランブルシートだ。腹ごしらえをせねば。迷わずCoCo壱へ。満腹。
しまった。牛タンはどうした?
ランブルシートへ。ドアを開ければそこには愛がいっぱい。駄菓子屋のような店内に「ラッカサン・ジャス・バンド」のサウンドが響く。
そして「ノ・ナ・カウ・アカウ」めんこいハワイアン娘二人組。和みます。
終わってもしばらくゆるーくセッション。
延々と飲んでしまう。実に居心地がよい。仙台の高円寺ランブルシート。スヅキさんありがとうございました!また来ます。
結局牛タンは帰りのドライブインで。
勉ちゃんお疲れ様でした!
posted by bogalusa at 17:42| Comment(0) | TrackBack(3) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台ツアー7/28

SBSH00401.JPGSBSH00431.JPGSBSH00461.JPGSBSH00491.JPG7/28(土)
大月さんのお誘いで、仙台のルーツミュージックパーティー「HOT CLUB STOMP Vol.3」に出演決定!去年の定禅寺以来の仙台入りでございます。
今回はヤング☆ナッツのリーダー勉ちゃんと。
勉ちゃんカー(軽)で東北道をひた走る。アクセルはベタ踏みだが動きはスロー。さながら白鳥のごときエレガントさ。ファミリーカーにゴボウ抜きされながら仙台に到着。
大月さんの先導で会場「リメンバー」に。昔のキャバレーのような素敵な舞台に興奮。

リハーサルを終え外にでると、目の前にスピードボールのデルモンテさんが!なぜここに?名古屋からバスで来たという女性にも出会い驚愕。スウィングファンのフットワークは軽い。なんせダンスの名前がリンディ・(リンドバーグ)ホップだかんね。大西洋もひとっとびだ。
牛タン屋を横目に、中華屋で腹ごしらえ。
もどると「バーニー・ジャック・スウィング・バンド」が始まっていた。若々しいハツラツとした演奏で雰囲気を盛り上げる。
続いてはタップダンスグループ「タップショッツ」親しみやすいトークはさながら定食屋のオバチャン。(ほめてます)ラジオ体操の曲で踊るアイディアには脱帽。
ボガルサは和やかなムードの中のびのびと演奏。
トリはキング・エルビスのナンバーを演奏するベテラン「エル・ドラド」大月さんがドラムで参加している。
さすがベテラン。演奏はもちろんしゃべりが完璧にテッパンである。おかしくて仕方がない。
いやぁ仙台ルーツミュージックシーン恐るべし。
主催のアシオさん、スガワラさん、各バンドの皆さん。DJの皆さん。スタッフの皆さん。大月さん。ありがとうございました!お疲れ様です。
次の日の会場「ランブルシート」で乾杯。昭和レトロの素敵なお店。呑むほどにここが高円寺に思えてくる。
アシオさん宅に泊めていただく。お世話になります。
posted by bogalusa at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

7/21渋谷ブルーヒート

SBSH00331.JPG渋谷ブルーヒートに初出演。
共演は文屋章さん率いる「モノフォニックス」
文屋さんの文章に触れてニューオリンズ音楽に興味を持った者としては不思議な感じだ。
前の日まで自分達が前座のつもりだったが、蓋を開けたらまさかのトリ。がんばらせていただきます。
音楽仲間の間でも、文屋さんは有名だがライブは誰も見た事がないというツチノコ状態だった。この日ついに我々は目撃者になった!
直球のブルースロックですな。合間に丁寧な曲紹介が入る辺りは文筆家の性でしょうか?。お疲れ様でした!
終演後は「モノフォニックスTシャツ」とボガルサCDの即売会に突入。
渋谷の夜はふけるのでした。
posted by bogalusa at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

7/19高円寺ペンギンハウス

SBSH00311.JPGこの日はカマケン氏主催のイベント「P・O・P」に出演。
対バンはサイコビリーやらハードコアパンクやらバラエティー豊かである。客席は鋲ジャン、タトゥーの洪水である。非常に高円寺らしい眺めだ。
そんな人達がスーツの二人組の演奏をニコニコしながら見ているのである。和むなぁ。
トリはカマケンがドラムで参加している「オペレーション・レッド・フィールド」
パンクのトップ40ともいうべきナンバーの数々を調子よくかましてくれるのだが、曲の間にカマケンが「ラジオ深夜便」ばりの丁寧なしゃべりで曲紹介をするのが爆笑だった。ずるいなぁ。
皆様お疲れ様でした!
posted by bogalusa at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/1渋谷レコード祭り

SBSH00041.JPG7/1日曜日
この日は渋谷にて全国各地のレコード屋さんが、掘り出し物を大放出するイベント「レコード祭り」
土曜日に様子をみにいくと、年齢層さまざまな人達がお宝を求めて一心不乱にレコードを品定めする姿が!
Bボーイとオッチャンが肩を並べてものすごいスピードで手を動かしている光景。
さながらカオスである。
「こりゃあライブなんか見てる余裕はないだろなぁ。」と、思っていたら見事に的中。お客さんがみんな下を向いているライブってのも珍しい。
しかし、そんな中一人また一人と顔を上げて見てくれるかたが出てきてなんとか形になったのでした。
出店者、出演者の皆さん、お疲れ様です!
posted by bogalusa at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

九州ツアー六月編完結

Image2881.jpgImage2861.jpg6/27(水)
ツアーも終了、この日飛行機で 帰る予定、、だったのがトラブル発生。聞いて下さい。
航空会社の〇ALから「ベースを飛行機に積む時は専用トランクを用意しますので48時間前におっしゃって下さい。」と、言われていたのでそのようにしたのだが、なんと出発24時間前になっても「コンテナが用意出来るかわからない状態です。」との事。なんじゃ、そりゃ。
この日も骨董屋愛ちゃんが朝からずっと〇ALに電話していたのだがたらい回しにされてラチがあかない。
次の日なら問題ないとの事だったのでしょうがなくダイ氏だけ帰りを一日遅らせる事に。ちゃんと事前に言ってあるのになー?
イマデさんとリョウ君もこの日帰るという事でボスエリカーに相乗りして空港へ。
道中ケータイでチェックインを試みるも玉砕。システムのトラブルらしい。どないなっとんじゃ!
イマデさんとリョウ君を見送った後、〇ALのカウンターに行くと、係の女性が信じられない発言をした。
「あ、大型荷物お預けの方ですね?ご案内いたします。」


「えーーーっ!?」
ボスエリと私は同じ事を思った。
「ダイ君乗れてたんじゃん??」

この後、やたらと係の人が慌てて訂正していたので更に疑惑が深まる。真相は霧の中。

「こっちはあんた達のせいでなぁ!一日予定が狂っちまったんだよ!どうしてくれんだよ!」

と、言いたかったが、受け付けの福島さんがめちゃめちゃ可愛かったので、

「困るなぁ、まあ、君が悪いんじゃないんだろうけどさ?今後気をつけたまえ。」
ぐらいのトーンになってしまった。美女を盾にするとは卑怯だぞ。
腹いせにスピードくじをしこたまゲットしたが、全部ハズレ。もう〇ALは使わん!

土産コーナーに小松の親分を発見。ちょっと和む。
親分、また帰って来ます。
posted by bogalusa at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

九州ツアー六月編6

Image2571.jpgImage2611.jpgImage2771.jpgImage2781.jpgImage2811.jpgImage2831.jpg6/26(火)
ボスエリは最近ボガルサの写真を切り抜いて着せ替え人形にして遊んでいるらしい。ドレスとか着せて。完全にオモチャにされている。
この日はオフ。前々回の怒涛の「一晩10軒ライブ」が嘘のようだ。たまにはこんな日があっても良いな。普通のバンドは観光とかするんだろうし。(まあ今思えば、初九州の時の一晩7軒というのがそもそもスゴイ話なのだが。)遊ぶぞー。スー様行ってきます。
温泉にゆく。そして焼鳥屋「与さく」へ。こちらはラメールのシュウちゃんのお兄さんがやっているお店。焼鳥、ことごとくウマイ。豚足もウマイ。幸せである。リラックスし過ぎてだんだん高円寺辺りにいる感覚になってくる。
「紅い櫨の庵」にMONGO Xを見に行く。建て増ししてから来るのは初めてだ。すごく立派な建物に仕上がっていてビックリ。マツナガ一家に再会。と、おもったら息子さんのリョウジ君がニューヨークに行っていると聞いて二度ビックリ。なんてアクティブなニートだ。
ライブが始まる。直前にごり押しで予約したために、かなり補助席的な場所からの観戦となったが、スリリングな演奏に夢中で全く気にならず。
基本的にはいわゆる「じゃず」なのだが、ハープ&ボーカル&ソロバンのイマデさんをフロントに据え、アフリカありレゲエありのリズム攻撃で盛り上げるダンサブルなバンド。若い衆もおっちゃん&おばちゃんも手拍子しながら楽しんでいた。「じゃず」もねぇ、やっぱり音楽ですからねぇ、こうじゃないと。
座長のドラマー遠山E・T氏とベースのピーちゃん先生の鉄壁のリズム隊は圧巻。もちろんギター王子リョウ君のギターも冴え渡る。時折黄色い声援が飛ぶ。皆さん都内で活躍してるらしいのだが東京にいると意外に会わないんだよな。
アンコールは「ファンキー・ナッソー」ならぬ「ファンキー・久留米」お疲れ様でした。
ちゃっかり打ち上げに参加。唯我独尊ダジャレ王子のE・T節が炸裂する。依然、島根ツアーで一緒だったアフリカン・ミュージック・グループ「フォリカン」のYUJIMAN氏がE・T氏とやっていた時、ギャラが「太鼓の皮2枚」という事があったらしい。キングの言う事は絶対。
ボスエリがオイラにギターを渡し「歌え」と言う。無茶振りもはなはだしい。針のムシロといったところだが、そこは長年培った鈍感力。「聖者の行進」でイマデさんとセッション。イマデさんがソロの最後のワンコーラスを「♪わたし馬鹿よね〜」の節で締めくくる。この人とは馬が合いそうだ。
夜も深まり宴はお開き。結構なオフでございました。
posted by bogalusa at 02:38| Comment(2) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

九州ツアー六月編5

Image2591.jpgImage2631.jpgImage2651.jpgImage2711.jpgImage2691.jpgImage2731.jpg6/25(月)
ミツノンハウスにて起床。家主はもう出掛けた後。置き手紙をしたためて出発。いつもありがとうございます。
九州に到着した後ずっと曇り空だったのだが、この日は快晴。暑い!
電車で久留米に向かう。目指すはボスエリ宅。
昼過ぎに到着したが、セレブなボスはマッサージ中にて不在。腹が減ったので「CoCo壱番屋」へ。思えば昨日も福岡に向かう道中に寄った。九州に来てまで「CoCo壱」に寄る男達、ボガルサ。真のCoCo壱ファン。そろそろオファーが来るんじゃないかと。
ボス御帰還。お久しぶりです。黒猫のスー様とも再会。
ボスエリハウスに先客がいた。若手スーパーギタリストのオギハラ・リョウ君である。先日初リーダーアルバム(レコーディング@ニューヨーク)を出したばかりだそうだ。人呼んでギター王子。普段はエレガントだがハギワラと呼ばれると凶暴化するらしい。
この度はMONGO Xなるユニットでのツアーでボスエリ宅に宿泊したとの事。ボスエリハウスには数々のミュージシャンが訪れている。例えばブラック・ボトム・ブラス・バンド、バンバン・バザールなどなど、そしてボガルサ。Bが多いな。B専か?ボス。
MONGOさん一行が出発した後、ボガルサも熊本県山鹿(やまが)に向けて出発。
この日まで「山鹿でやるんですよ。」と言うと必ず「や、山鹿ぁ?」「なんで山鹿(なんか)に行くんですか?」「え、いったいどこでやるの?」といったネガティブな反応しか帰ってこなかったので若干不安だ。
あと次に多かったのが「実家が山鹿にある」「山鹿に親戚が」といった類いの物。九州北部は山鹿で出来てるのか?と思うぐらいに多かった。
今日は照れ照れ坊主さん、骨董屋愛ちゃん、久留米のシン君、ラ・メールのカヨちゃん、そしてボスエリの大所帯。車2台のキャラバンで山鹿を目指す。
島根に続き今回も割り箸くじを引いての乗車メンバーシャッフルが行われる。けどみんな普通に知り合いなんだけどなぁ。楽しいから良しとしよう。
山鹿に到着。目の前に過去にタイムスリップしたかのような風景が広がる。ベタな感想だが映画のセットのような町並み。
今日の会場は「いつものごはんji−u」店主のケイコさんには、以前熊本の「プライベート・ロッヂ」でお世話になりました。最近独立して故郷の山鹿でこの店を始めたとの事。「四方三里の物を食べよ」という昔の人の知恵に従い、その土地で採れた物を出すオーガニックなお店。
街の人々が女子高生にいたるまでみんな挨拶してくれる。こんな感覚久しぶりだなあ。向かいの店の人から黄色いメロンをいただく。

「これは熟してから食うとウマイよ」
「食べ頃はどうやって見分けるんですか?」
「これは匂いがせんで分からん?」
「・・・・」

夜の山鹿も素敵である。しばし散歩。
趣のある店内でライブ開始。夜が深くなるにしたがって町の偉いさんたちが集まりだしたので、当初2ステージの予定だったのを3ステージに延長。ボガルサは地域癒着型バンドです。差し入れで馬刺しならぬ「馬握り」をいただいた。これはウマイ!ごちそうさまでした!
打ち上げで「ji−u」さんのメニューをいただく。やさしい味ですな。これは長生きしそうだ。ありがとうございました。またお会いしましょう!みなさん山鹿はいいとこですよ。
久留米に帰還。恒例の地獄の小銭カウントの後、ミーティング。ボスエリから奇跡の提案が告げられる。
「明日はオフにしよう!」
おーー!
posted by bogalusa at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

九州ツアー六月編4

Image2211.jpgImage2221.jpgImage2261.jpgImage2251.jpgImage2281.jpgImage2291.jpgImage2321.jpgImage2351.jpgImage2381.jpgImage2401.jpgImage2491.jpgImage2541.jpgImage2551.jpg6/24(日)
本日昼は宮田兄妹のエスコートで唐津・七山巡り。
「たけや」で鰻をいただく。こちらの姉さんは昨日も駆け付けていただきキモの佃煮をご馳走してくださった。いつもありがとうございます。鰻、あっさりしてて大変おいしゅうございました。
お次は「ヌフ」さんでお茶。たまたま小池アミイゴ氏の原画展を開催中であった。緑に囲まれたベーカリー&カフェ。昼来たのは初めてだったのだが素敵な所だなあ。
店内では天使のように愛らしいタロウ君(人呼んで「社長」)が遊んでいる。たまに悪魔のような狡猾さでカンチョーしてくるタロウ社長。完敗です。また来ますね。
少し足をのばして七山へ。「シュール」に到着。彫刻展を開催中でした。そうそうリサちゃんオメデトウ!でかしたコガっち!胎教には是非ボガルサを!
なんと宮田兄妹に福岡まで送っていただける事に!ありがとうございます。「ビーハイブ・デラックス」に到着。宮田兄妹とは仕事が残っているとの理由で、ここでお別れ。お世話になりました。ごちそうさまでした。(お兄さんは昨日舞台裏にいたためほとんどライブは見れずじまいだったそうです。次回はゆっくりご覧になって下さい。)
さて本日の会場「ビーハイブ・デラックス」は美容院。オシャレな店内にオシャレなお客様が続々と。閉店直前までパーマをあてていたお客様は外に出されていた。すいませんね、僕らの為に。
遅れて「ちょい濡れボーイズ」も到着。彼らのアルバムのジャケットはこの店で撮影された。ホームグラウンドでの弾けっぷりはお見事でした。曲終わりの度にポーズをキメるミツノンはおかしかったなぁ。
終演後はダンスパーティー。泥酔したスタッフが皆にイタズラされていたりしていた。かなりアットホームな美容院。ビーハイブ・デラックス。
帰りに「RED・HOT」にピッピさんにご挨拶していく。今日もいらしてたのでしょうか?また来ますね。
ちょい濡れチームと沖縄料理屋さんで打ち上げ。この席の合言葉は「青」と「譲り合いありがとう」お疲れ様でした!
posted by bogalusa at 15:15| Comment(1) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

九州ツアー六月編3

Image2101.jpgImage2131.jpgSN3701931.JPGImage2151.jpgImage2191.jpg6/23(土)
バスで唐津へ。
唐津名物といえば、くんち、唐津バーガー、ギョロッケそして松露饅頭。
本日のライブ会場は、「宮田の松露饅頭」インストアライブ。
以前ヌフさんでライブをした時には「ボガルサカレー」が、振る舞われて感動したものだったが、今回はなんと
「ボガルサ羊羹」!
甘党には堪えられません。
饅頭屋さんの店頭はあっという間に満席。ありがとうございます。
ライブ後には宮田兄とボガルサによるケーキカットならぬ羊羹カット。
そのまま宮田家で打ち上げ。飲んでいる最中になぜか「ビリーズ・ブートキャンプ」の話が盛り上がり突如打ち上げ会場でワークアウトが始まる。夜の居間にビリーの声が響く。
「カーニー!」
「グッジョブ!」
「フゥー!」
なぜ、こんな事に、、、。
宮田兄と中2な話題(緒川たまき、秋山莉奈、ビッグコミック・スピリッツ等)で朝まで盛り上がる。
posted by bogalusa at 02:56| Comment(4) | TrackBack(2) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州ツアー六月編2

Image1811.jpgImage1851.jpgImage1861.jpgImage1901.jpgImage1951.jpgImage1821.jpgImage1841.jpgImage1981.jpgImage2021.jpgImage2031.jpgImage2011.jpgImage2041.jpgImage2081.jpg6/22
旅のしおりにしたがって散策。春吉は昔赤線街だったそうで町並みが面白い。そこのラーメン屋さん、「ふーとん」で腹ごしらえ。メニューに曰く「R&Rセット」=ラーメン・ライス・セット
「R&Bセット」=ラーメン・ビール・セット
焼きラーメンという物を初めていただく。旨いですな。
ダイ氏が4ADでメガネをあつらえた。先をこされた。いつかオイラも。
メガネ屋トウさんの企画でダイ氏と画家のヤブさんとのコラボが4ADで行われる。お客様にはビールが振る舞われた。ベースの音に乗せてライブペインティング開始。様々なモチーフが現れては消えてゆく。単なる完成形へ向かう過程のドキュメントではないのだなあ。あらゆる瞬間が作品の一部なんですね。スリリングでした。お疲れ様です。
終わる頃には店の外まで黒山の人だかり。
イコネに行くと別の絵師の作品と遭遇。沖縄滞在中の小池アミイゴ氏からイコネの6周年に寄せて絵手紙FAXが来ていたのだ。
メデタイ!ボガルサは歌で祝わせていただく。
満員のお客様の中に、やたらと「♪バナナ」に反応するワンちゃん(ブルドック?)がいた。聞けば本当にバナナが大好物なのだそうだ。ウソのようなホントの話。子供だけでなくワンちゃんにも好評な「バナナ」
メグミちゃんとイツル君に再会。親子まとめてハグさせていただく。
ソネスにて二回戦!いつもあたたかく迎えていただいてありがとうございます。やっぱりここは落ち着くなぁ。
トウさん、クルトさん(fromベルギー)と閉店まで呑む。
トウさんは七月からドイツへ旅立つ。気をつけて行ってらっしゃい。
posted by bogalusa at 01:13| Comment(0) | TrackBack(2) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

九州ツアー六月編

Image1481.jpgImage1511.jpgImage1491.jpgImage1501.jpgImage1531.jpgImage1541.jpgImage1561.jpgImage1571.jpgImage1581.jpgImage1611.jpgImage1641.jpgImage1661.jpgImage1651.jpgImage1701.jpgImage1741.jpg6/21(木)
今回はANAで飛ぶ。すっかり旅なれたもので、貨物コンテナの予約もバッチリ、今度こそトラブルはないだろうと思っていたら、「大きい荷物は30分前に受け付けを済ませないとダメです。」と言われガッカリ。
1時間半キレイな空港内を散策して、いざ搭乗。と、思ったらダイ氏がまたもや金属探知器にひっかかり身体検査される。あーそういえば前回もオーバーオールだったわ。
福岡に到着。予定が多少狂おうが最初にする事は同じ。ソネスにただいまを言う。ユウキ君がまた髭づらに戻っていて安心。
今回のコーディネーター黒木嬢が「旅のしおり」を作ってくれていた。ためになる事がたくさん書かれている。これでツアーも安心だ。
とりあえず、荷物が多いのでソネスの上にあるミゾ君宅に置かせていただく事に。ミゾ君は美容師学校の講師でいらっしゃる。
ドアを開けると生首がお出迎え!わかってらっしゃる。あまつさえトイレにも。
スーツに着替えて近所の宮原酒店で黒木嬢と待ち合わせ。ここは角打ち、いわゆる立ち呑みである。店頭にある酒や缶詰やらをお客さんが開けてその場で飲み食いするわけです。ユウキ君いわく「福岡の遺産」こんなに安くて居心地の良いところは無い。夕方6時から店内は満員。
地本の先生方と盛り上がる。ある方は数年前の地震の時ちょうどゴルフをしていて、それでも1ラウンドまわったそうだ。狂っている。
黒木嬢と合流。今日のイデタチはスッチー風。早速CODAに向かう。
CODAは非常に雰囲気のよいBARで勿論お酒がおいしい訳で無論お客様も美女が多いと来る訳である。大変気持ちよくやらせていただきました。ギンペイさんありがとうございます。
次の店に行く前に腹ごしらえ。やっぱりラーメンでしょうという事で、あの一風堂な本店へ。やっぱり本店は違う。ビックリである。旨い!
続いてBEMさん。妖怪人間とは無関係。民家を改造したかわいいつくりの洒落たスタンディングBAR。この時お客様は九州男児オンリー。世の中上手く出来ている。物凄い近距離で歌う。お騒がせしました。
こちらでちょい濡れボーイズと合流。
CODAの姉妹店VELLYさんで一杯ひっかけて、NOISさんに向かう。
トシさんこんばんは、いつもありがとうございます。ちょい濡れボーイズとジョイントライブ。ミツノンは新しいギター(’46年エピフォン・トライアンフ。僕はトリンプと呼んでいます。)を買ったばかりでご満悦。カメラを向けると絶対普段やらない形ばかりににポーズを取る男ミツノン。そんなコードつかわんやろー。いつもやらない曲ばかりをバンバンやるレアなライブとなった。ミツノン、佐々木さん、アッコリーさん(僕らはジョニーさんと呼んでいます。アクセントは”ニー”に置きます)お疲れ様でした。
ボガルサのライブは、ダイ氏が、まさかのベース二本使いを見せるという、これまたレアなライブとなりました。
ユウキ君宅に泊めていただく。今回もお世話になります。泥のように眠る。
posted by bogalusa at 15:52| Comment(0) | TrackBack(1) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。