2007年07月21日

九州ツアー六月編完結

Image2881.jpgImage2861.jpg6/27(水)
ツアーも終了、この日飛行機で 帰る予定、、だったのがトラブル発生。聞いて下さい。
航空会社の〇ALから「ベースを飛行機に積む時は専用トランクを用意しますので48時間前におっしゃって下さい。」と、言われていたのでそのようにしたのだが、なんと出発24時間前になっても「コンテナが用意出来るかわからない状態です。」との事。なんじゃ、そりゃ。
この日も骨董屋愛ちゃんが朝からずっと〇ALに電話していたのだがたらい回しにされてラチがあかない。
次の日なら問題ないとの事だったのでしょうがなくダイ氏だけ帰りを一日遅らせる事に。ちゃんと事前に言ってあるのになー?
イマデさんとリョウ君もこの日帰るという事でボスエリカーに相乗りして空港へ。
道中ケータイでチェックインを試みるも玉砕。システムのトラブルらしい。どないなっとんじゃ!
イマデさんとリョウ君を見送った後、〇ALのカウンターに行くと、係の女性が信じられない発言をした。
「あ、大型荷物お預けの方ですね?ご案内いたします。」


「えーーーっ!?」
ボスエリと私は同じ事を思った。
「ダイ君乗れてたんじゃん??」

この後、やたらと係の人が慌てて訂正していたので更に疑惑が深まる。真相は霧の中。

「こっちはあんた達のせいでなぁ!一日予定が狂っちまったんだよ!どうしてくれんだよ!」

と、言いたかったが、受け付けの福島さんがめちゃめちゃ可愛かったので、

「困るなぁ、まあ、君が悪いんじゃないんだろうけどさ?今後気をつけたまえ。」
ぐらいのトーンになってしまった。美女を盾にするとは卑怯だぞ。
腹いせにスピードくじをしこたまゲットしたが、全部ハズレ。もう〇ALは使わん!

土産コーナーに小松の親分を発見。ちょっと和む。
親分、また帰って来ます。
posted by bogalusa at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

7/29仙台ランブルシート詳細

7/29(日)
仙台ランブルシート

電話080 5576 5754

仙台市青葉区一番町2−3−28

オープン 19:00
スタート 19:30

入場料 ¥1500(ドリンク別)

共演
♪no・na・kau・a・kau(ノ・ナ・カウ・ア・カウ)

♪ラッカサン・ジャス・バンド

お待ちしてます。
posted by bogalusa at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

九州ツアー六月編6

Image2571.jpgImage2611.jpgImage2771.jpgImage2781.jpgImage2811.jpgImage2831.jpg6/26(火)
ボスエリは最近ボガルサの写真を切り抜いて着せ替え人形にして遊んでいるらしい。ドレスとか着せて。完全にオモチャにされている。
この日はオフ。前々回の怒涛の「一晩10軒ライブ」が嘘のようだ。たまにはこんな日があっても良いな。普通のバンドは観光とかするんだろうし。(まあ今思えば、初九州の時の一晩7軒というのがそもそもスゴイ話なのだが。)遊ぶぞー。スー様行ってきます。
温泉にゆく。そして焼鳥屋「与さく」へ。こちらはラメールのシュウちゃんのお兄さんがやっているお店。焼鳥、ことごとくウマイ。豚足もウマイ。幸せである。リラックスし過ぎてだんだん高円寺辺りにいる感覚になってくる。
「紅い櫨の庵」にMONGO Xを見に行く。建て増ししてから来るのは初めてだ。すごく立派な建物に仕上がっていてビックリ。マツナガ一家に再会。と、おもったら息子さんのリョウジ君がニューヨークに行っていると聞いて二度ビックリ。なんてアクティブなニートだ。
ライブが始まる。直前にごり押しで予約したために、かなり補助席的な場所からの観戦となったが、スリリングな演奏に夢中で全く気にならず。
基本的にはいわゆる「じゃず」なのだが、ハープ&ボーカル&ソロバンのイマデさんをフロントに据え、アフリカありレゲエありのリズム攻撃で盛り上げるダンサブルなバンド。若い衆もおっちゃん&おばちゃんも手拍子しながら楽しんでいた。「じゃず」もねぇ、やっぱり音楽ですからねぇ、こうじゃないと。
座長のドラマー遠山E・T氏とベースのピーちゃん先生の鉄壁のリズム隊は圧巻。もちろんギター王子リョウ君のギターも冴え渡る。時折黄色い声援が飛ぶ。皆さん都内で活躍してるらしいのだが東京にいると意外に会わないんだよな。
アンコールは「ファンキー・ナッソー」ならぬ「ファンキー・久留米」お疲れ様でした。
ちゃっかり打ち上げに参加。唯我独尊ダジャレ王子のE・T節が炸裂する。依然、島根ツアーで一緒だったアフリカン・ミュージック・グループ「フォリカン」のYUJIMAN氏がE・T氏とやっていた時、ギャラが「太鼓の皮2枚」という事があったらしい。キングの言う事は絶対。
ボスエリがオイラにギターを渡し「歌え」と言う。無茶振りもはなはだしい。針のムシロといったところだが、そこは長年培った鈍感力。「聖者の行進」でイマデさんとセッション。イマデさんがソロの最後のワンコーラスを「♪わたし馬鹿よね〜」の節で締めくくる。この人とは馬が合いそうだ。
夜も深まり宴はお開き。結構なオフでございました。
posted by bogalusa at 02:38| Comment(2) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

九州ツアー六月編5

Image2591.jpgImage2631.jpgImage2651.jpgImage2711.jpgImage2691.jpgImage2731.jpg6/25(月)
ミツノンハウスにて起床。家主はもう出掛けた後。置き手紙をしたためて出発。いつもありがとうございます。
九州に到着した後ずっと曇り空だったのだが、この日は快晴。暑い!
電車で久留米に向かう。目指すはボスエリ宅。
昼過ぎに到着したが、セレブなボスはマッサージ中にて不在。腹が減ったので「CoCo壱番屋」へ。思えば昨日も福岡に向かう道中に寄った。九州に来てまで「CoCo壱」に寄る男達、ボガルサ。真のCoCo壱ファン。そろそろオファーが来るんじゃないかと。
ボス御帰還。お久しぶりです。黒猫のスー様とも再会。
ボスエリハウスに先客がいた。若手スーパーギタリストのオギハラ・リョウ君である。先日初リーダーアルバム(レコーディング@ニューヨーク)を出したばかりだそうだ。人呼んでギター王子。普段はエレガントだがハギワラと呼ばれると凶暴化するらしい。
この度はMONGO Xなるユニットでのツアーでボスエリ宅に宿泊したとの事。ボスエリハウスには数々のミュージシャンが訪れている。例えばブラック・ボトム・ブラス・バンド、バンバン・バザールなどなど、そしてボガルサ。Bが多いな。B専か?ボス。
MONGOさん一行が出発した後、ボガルサも熊本県山鹿(やまが)に向けて出発。
この日まで「山鹿でやるんですよ。」と言うと必ず「や、山鹿ぁ?」「なんで山鹿(なんか)に行くんですか?」「え、いったいどこでやるの?」といったネガティブな反応しか帰ってこなかったので若干不安だ。
あと次に多かったのが「実家が山鹿にある」「山鹿に親戚が」といった類いの物。九州北部は山鹿で出来てるのか?と思うぐらいに多かった。
今日は照れ照れ坊主さん、骨董屋愛ちゃん、久留米のシン君、ラ・メールのカヨちゃん、そしてボスエリの大所帯。車2台のキャラバンで山鹿を目指す。
島根に続き今回も割り箸くじを引いての乗車メンバーシャッフルが行われる。けどみんな普通に知り合いなんだけどなぁ。楽しいから良しとしよう。
山鹿に到着。目の前に過去にタイムスリップしたかのような風景が広がる。ベタな感想だが映画のセットのような町並み。
今日の会場は「いつものごはんji−u」店主のケイコさんには、以前熊本の「プライベート・ロッヂ」でお世話になりました。最近独立して故郷の山鹿でこの店を始めたとの事。「四方三里の物を食べよ」という昔の人の知恵に従い、その土地で採れた物を出すオーガニックなお店。
街の人々が女子高生にいたるまでみんな挨拶してくれる。こんな感覚久しぶりだなあ。向かいの店の人から黄色いメロンをいただく。

「これは熟してから食うとウマイよ」
「食べ頃はどうやって見分けるんですか?」
「これは匂いがせんで分からん?」
「・・・・」

夜の山鹿も素敵である。しばし散歩。
趣のある店内でライブ開始。夜が深くなるにしたがって町の偉いさんたちが集まりだしたので、当初2ステージの予定だったのを3ステージに延長。ボガルサは地域癒着型バンドです。差し入れで馬刺しならぬ「馬握り」をいただいた。これはウマイ!ごちそうさまでした!
打ち上げで「ji−u」さんのメニューをいただく。やさしい味ですな。これは長生きしそうだ。ありがとうございました。またお会いしましょう!みなさん山鹿はいいとこですよ。
久留米に帰還。恒例の地獄の小銭カウントの後、ミーティング。ボスエリから奇跡の提案が告げられる。
「明日はオフにしよう!」
おーー!
posted by bogalusa at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

7/1(日)レコード祭補足

ボガルサの出番は13:40を予定してます。ちなみにその後は元キャロルの内海さん。
その他にもいっぱい出ますんでお楽しみに!もちろんレコードも掘り出し物いっぱい!
開場は10:00です。
posted by bogalusa at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州ツアー六月編4

Image2211.jpgImage2221.jpgImage2261.jpgImage2251.jpgImage2281.jpgImage2291.jpgImage2321.jpgImage2351.jpgImage2381.jpgImage2401.jpgImage2491.jpgImage2541.jpgImage2551.jpg6/24(日)
本日昼は宮田兄妹のエスコートで唐津・七山巡り。
「たけや」で鰻をいただく。こちらの姉さんは昨日も駆け付けていただきキモの佃煮をご馳走してくださった。いつもありがとうございます。鰻、あっさりしてて大変おいしゅうございました。
お次は「ヌフ」さんでお茶。たまたま小池アミイゴ氏の原画展を開催中であった。緑に囲まれたベーカリー&カフェ。昼来たのは初めてだったのだが素敵な所だなあ。
店内では天使のように愛らしいタロウ君(人呼んで「社長」)が遊んでいる。たまに悪魔のような狡猾さでカンチョーしてくるタロウ社長。完敗です。また来ますね。
少し足をのばして七山へ。「シュール」に到着。彫刻展を開催中でした。そうそうリサちゃんオメデトウ!でかしたコガっち!胎教には是非ボガルサを!
なんと宮田兄妹に福岡まで送っていただける事に!ありがとうございます。「ビーハイブ・デラックス」に到着。宮田兄妹とは仕事が残っているとの理由で、ここでお別れ。お世話になりました。ごちそうさまでした。(お兄さんは昨日舞台裏にいたためほとんどライブは見れずじまいだったそうです。次回はゆっくりご覧になって下さい。)
さて本日の会場「ビーハイブ・デラックス」は美容院。オシャレな店内にオシャレなお客様が続々と。閉店直前までパーマをあてていたお客様は外に出されていた。すいませんね、僕らの為に。
遅れて「ちょい濡れボーイズ」も到着。彼らのアルバムのジャケットはこの店で撮影された。ホームグラウンドでの弾けっぷりはお見事でした。曲終わりの度にポーズをキメるミツノンはおかしかったなぁ。
終演後はダンスパーティー。泥酔したスタッフが皆にイタズラされていたりしていた。かなりアットホームな美容院。ビーハイブ・デラックス。
帰りに「RED・HOT」にピッピさんにご挨拶していく。今日もいらしてたのでしょうか?また来ますね。
ちょい濡れチームと沖縄料理屋さんで打ち上げ。この席の合言葉は「青」と「譲り合いありがとう」お疲れ様でした!
posted by bogalusa at 15:15| Comment(1) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

九州ツアー六月編3

Image2101.jpgImage2131.jpgSN3701931.JPGImage2151.jpgImage2191.jpg6/23(土)
バスで唐津へ。
唐津名物といえば、くんち、唐津バーガー、ギョロッケそして松露饅頭。
本日のライブ会場は、「宮田の松露饅頭」インストアライブ。
以前ヌフさんでライブをした時には「ボガルサカレー」が、振る舞われて感動したものだったが、今回はなんと
「ボガルサ羊羹」!
甘党には堪えられません。
饅頭屋さんの店頭はあっという間に満席。ありがとうございます。
ライブ後には宮田兄とボガルサによるケーキカットならぬ羊羹カット。
そのまま宮田家で打ち上げ。飲んでいる最中になぜか「ビリーズ・ブートキャンプ」の話が盛り上がり突如打ち上げ会場でワークアウトが始まる。夜の居間にビリーの声が響く。
「カーニー!」
「グッジョブ!」
「フゥー!」
なぜ、こんな事に、、、。
宮田兄と中2な話題(緒川たまき、秋山莉奈、ビッグコミック・スピリッツ等)で朝まで盛り上がる。
posted by bogalusa at 02:56| Comment(4) | TrackBack(2) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州ツアー六月編2

Image1811.jpgImage1851.jpgImage1861.jpgImage1901.jpgImage1951.jpgImage1821.jpgImage1841.jpgImage1981.jpgImage2021.jpgImage2031.jpgImage2011.jpgImage2041.jpgImage2081.jpg6/22
旅のしおりにしたがって散策。春吉は昔赤線街だったそうで町並みが面白い。そこのラーメン屋さん、「ふーとん」で腹ごしらえ。メニューに曰く「R&Rセット」=ラーメン・ライス・セット
「R&Bセット」=ラーメン・ビール・セット
焼きラーメンという物を初めていただく。旨いですな。
ダイ氏が4ADでメガネをあつらえた。先をこされた。いつかオイラも。
メガネ屋トウさんの企画でダイ氏と画家のヤブさんとのコラボが4ADで行われる。お客様にはビールが振る舞われた。ベースの音に乗せてライブペインティング開始。様々なモチーフが現れては消えてゆく。単なる完成形へ向かう過程のドキュメントではないのだなあ。あらゆる瞬間が作品の一部なんですね。スリリングでした。お疲れ様です。
終わる頃には店の外まで黒山の人だかり。
イコネに行くと別の絵師の作品と遭遇。沖縄滞在中の小池アミイゴ氏からイコネの6周年に寄せて絵手紙FAXが来ていたのだ。
メデタイ!ボガルサは歌で祝わせていただく。
満員のお客様の中に、やたらと「♪バナナ」に反応するワンちゃん(ブルドック?)がいた。聞けば本当にバナナが大好物なのだそうだ。ウソのようなホントの話。子供だけでなくワンちゃんにも好評な「バナナ」
メグミちゃんとイツル君に再会。親子まとめてハグさせていただく。
ソネスにて二回戦!いつもあたたかく迎えていただいてありがとうございます。やっぱりここは落ち着くなぁ。
トウさん、クルトさん(fromベルギー)と閉店まで呑む。
トウさんは七月からドイツへ旅立つ。気をつけて行ってらっしゃい。
posted by bogalusa at 01:13| Comment(0) | TrackBack(2) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

九州ツアー六月編

Image1481.jpgImage1511.jpgImage1491.jpgImage1501.jpgImage1531.jpgImage1541.jpgImage1561.jpgImage1571.jpgImage1581.jpgImage1611.jpgImage1641.jpgImage1661.jpgImage1651.jpgImage1701.jpgImage1741.jpg6/21(木)
今回はANAで飛ぶ。すっかり旅なれたもので、貨物コンテナの予約もバッチリ、今度こそトラブルはないだろうと思っていたら、「大きい荷物は30分前に受け付けを済ませないとダメです。」と言われガッカリ。
1時間半キレイな空港内を散策して、いざ搭乗。と、思ったらダイ氏がまたもや金属探知器にひっかかり身体検査される。あーそういえば前回もオーバーオールだったわ。
福岡に到着。予定が多少狂おうが最初にする事は同じ。ソネスにただいまを言う。ユウキ君がまた髭づらに戻っていて安心。
今回のコーディネーター黒木嬢が「旅のしおり」を作ってくれていた。ためになる事がたくさん書かれている。これでツアーも安心だ。
とりあえず、荷物が多いのでソネスの上にあるミゾ君宅に置かせていただく事に。ミゾ君は美容師学校の講師でいらっしゃる。
ドアを開けると生首がお出迎え!わかってらっしゃる。あまつさえトイレにも。
スーツに着替えて近所の宮原酒店で黒木嬢と待ち合わせ。ここは角打ち、いわゆる立ち呑みである。店頭にある酒や缶詰やらをお客さんが開けてその場で飲み食いするわけです。ユウキ君いわく「福岡の遺産」こんなに安くて居心地の良いところは無い。夕方6時から店内は満員。
地本の先生方と盛り上がる。ある方は数年前の地震の時ちょうどゴルフをしていて、それでも1ラウンドまわったそうだ。狂っている。
黒木嬢と合流。今日のイデタチはスッチー風。早速CODAに向かう。
CODAは非常に雰囲気のよいBARで勿論お酒がおいしい訳で無論お客様も美女が多いと来る訳である。大変気持ちよくやらせていただきました。ギンペイさんありがとうございます。
次の店に行く前に腹ごしらえ。やっぱりラーメンでしょうという事で、あの一風堂な本店へ。やっぱり本店は違う。ビックリである。旨い!
続いてBEMさん。妖怪人間とは無関係。民家を改造したかわいいつくりの洒落たスタンディングBAR。この時お客様は九州男児オンリー。世の中上手く出来ている。物凄い近距離で歌う。お騒がせしました。
こちらでちょい濡れボーイズと合流。
CODAの姉妹店VELLYさんで一杯ひっかけて、NOISさんに向かう。
トシさんこんばんは、いつもありがとうございます。ちょい濡れボーイズとジョイントライブ。ミツノンは新しいギター(’46年エピフォン・トライアンフ。僕はトリンプと呼んでいます。)を買ったばかりでご満悦。カメラを向けると絶対普段やらない形ばかりににポーズを取る男ミツノン。そんなコードつかわんやろー。いつもやらない曲ばかりをバンバンやるレアなライブとなった。ミツノン、佐々木さん、アッコリーさん(僕らはジョニーさんと呼んでいます。アクセントは”ニー”に置きます)お疲れ様でした。
ボガルサのライブは、ダイ氏が、まさかのベース二本使いを見せるという、これまたレアなライブとなりました。
ユウキ君宅に泊めていただく。今回もお世話になります。泥のように眠る。
posted by bogalusa at 15:52| Comment(0) | TrackBack(1) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

タワーレコード渋谷店インストアライブ

Image1361.jpgImage1381.jpgImage1391.jpgImage1411.jpgImage1461.jpgImage1421.jpg6/17(日)
この日は、タワーレコード渋谷店でインストアライブ。リトルファッツとふたり乗りも一緒です。ゲットヒップ祭です。
蒸し暑い渋谷の雑踏を抜け、タワレコへ。5Fに降り立つとフロアでボガルサがかかっている。ありがとうございます。
試聴機にも入っていた。重ねがさねありがとうございます。
リトルファッツの今回の衣装はセーラー。前回より涼しげだが頭上の店内用ポップが灼熱な感じだったのでなんとも言えない。最後はカウガール姿のふたり乗りとジョイントライブ。アルバム「ファット・ジョイハム」からの曲を演奏。途中店員さんがアナウンスの最中、「ふたり乗り」を「太り乗り」と言い間違う面白ハプニングも飛び出す。
そしてボガルサ、なぜかピアニカを持って来ていたSWING-O氏の乱入もありつつ、盛況の中終了。
そしてそのまま、即売会に突入。ご来場の皆様お買い上げありがとうございました。会場にいなかったちょいぬれボーイズのCDも売れていた。勢いというのは恐ろしい。
しかしサブちゃんのCDもジュリーのも同じ位の価格で買えるのにわざわざ我々のを選んで買ってくださるとは本当にありがたい。
ご来場の皆さん、スタッフの皆さんありがとうございました。
posted by bogalusa at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Tessinの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。